東北へ

ずっと忙しかった、ここ一年。
仕事も終わって、ようやく以前から参加したかった東日本大震災の被災地へボランティアに行ってきました。
若手和尚さん達を中心としたプロジェクト(スジャータプロジェクト)に参加させていただきました。

様々な活動をしている中で、今回は炊き出しをやるよー!と声をかけていただきました。
私が得意な事と言ったら料理しかないもんね。
炊き出しやるなら、お手伝いできるんじゃないかしら。という参加動機。
テレビの中で見る被災地を、自分の目で見ておきたかった。

今回行ったのは南三陸町。
300人分のとんかつ&豚汁を作って、提供するという作業です。
参加人数は10人。
初めての事ばかりで、ちょっとドキドキです。

めちゃくちゃ綺麗な満月が迎えてくれました。


日の出もすごい!


大量に野菜を切って、大なべで豚汁を煮て。大量にとんかつを揚げて。
終わった時には、筋肉痛。





喜んでいただけてると良いけれど。
いや、きっと喜んでくれているはずです。

着いたときには暗くなっていたし、とにかく真っ暗で町の様子がよくわからなかったのですが、
明るくなってみると、本当に本当にすごい事が起こったんだなぁ、と実感。
映像で見て想像しても、やっぱり全然違う。

地震から1年7か月。
関東でももうあまり震災のニュースを聞かなくなってきた。
今、町がどのくらい復興しているかなんて、全然映像として流れてこない。
町の皆さんも、物資がないという意味では困っていないと思う。
でも、町には何にもなかった。
個人ができる事はもうあまりないのかもしれないけど、まだまだ終わっていない。
仮設住宅での冬は寒くて大変だろうな・・・

何かのかたちでちょっぴりでも、できる事があるかもしれない。
また東北に行きたいと思います。



スジャータプロジェクトのブログに今回の様子が載っています。
私も鍋を覗き込んだりしております。(笑)
今回のメンバーはとってもいい方達ばかりで!また会いたいですねー

スジャータプロジェクト













はじめてのうみ。

chezが現在葉山に滞在しているので、rereりんとカルムを連れて遊びに行ってきました。



うみー!はじめてきたー!
しょっぱい・・・
ゆうひがきれいー!
ほかのいぬとなかよくするのはむずかしいー!
いろんなひとにたくさんあそんでもらったー!
だれのいうこともききたくないー!おれサイコー!



だそうです。



ワタクシ的には車で遠出するのは苦手なのですが、「道は続いている」という事がわかりました。





うつくしまふくしま

急ではありますが、福島に行ってきました。
また、です。

友達から福島の友達の家に行くけど、行く?ってメールが来たのは出発の前日。
ちょうどウチの祖母が入院したと聞いたばかりで、もう歳も歳だし(94歳!)会いたいと思っていたところだったので、行くー!!と返事。
母の実家は福島で、祖母に付き添いに母も行っていたところでした。
ふわーっと後ろから押されるように福島行き決定です。

月曜の早めの夕方に都内出発。
そのままぷーっと車で向かい、7時半ごろには到着。
思っていたよりも近いのねぇ。



次の日には祖母のお見舞いにみんなも巻き込んで連れて行ってもらい、友達みんなを紹介。
小さく横たわり、透き通るような目をして一生懸命話をしてくれる姿にもうねー、涙。
出てくる言葉は感謝と私の事を思ってくれる事ばかり。
一緒に暮らした事も無く、他人みたいだなぁと思っていただけに嬉しかったです。
勝手に私はおばあちゃんに似ている!と密かに思っています。

お花は友達行きつけの素敵な花屋さんで。
今回お店に伺ったのは2回目なんですが、とても親切で!
祖母に会いに来たーという話をしていたら、花束が激安に〜。
皆さんに愛を頂いて、ワタクシ生きているのねぇ。

その後はJAのやっている野菜直売所で桃やら野菜を買いました。
ありえない安さと新鮮さ!ウハウハですよ。
すぐ食い気。生きてるわー

そして温泉に行き、帰ってごはんを食べ、みんなが話している声を聞きながら眠る。
しあわせでした。

次の日はあんざい果樹園に行ったり、川に行ったりまた温泉行って。
あんざい果樹園のみなさんとっても素敵ですよー。福島に行ったら是非。

その近くにあるお蕎麦屋さん。「紅葉亭」
もーねー、すんごく蕎麦がおいしくておいしくて。
蕎麦がきも最高!ロケーションも最高!
丘の上にあって、まわりがほーんといい景色(畑とかね)で風がぬけていきます。
外で食べるお蕎麦は最高!



食べ終わってふっと見ると、クローバーが沢山。
四葉あるんじゃない〜?って言いながらちょっと見てると大量発見!
五葉なんかも見つけちゃって、福島って本当に豊かな所だと再認識。
大人がきゃっきゃ言いながらクローバー見つけてたら、お店の方がプラムを持ってきてくださいました。
大喜びで食べる私達でした。
ちなみに帰りにまた貰ってしまいました、プラム。



いい加減帰らないとねー、と次の日は帰ることに。
でも買える前に「四季の里」という公園のようなところでお蕎麦食べて帰ろう、と向かいました。

ふと見るとまた美味しそうな農産物が!桃〜!
おばあちゃんと話をしながら見ていると、丸ごと1個剥いて味見にくれました。
おいしいよねぇ。桃はジャムにいいのかしらね〜?なんておばあちゃんに聞くと、ジャムには最高との事。
で、柔らかい桃はジャムにしたらいい!そうだ、そうだ!
と言いながらダンボールをおもむろに組み立て始め、どんどん詰めて、全部で500円でいい、と。もちろん固めの桃も入って500円。
ええーっとびっくりしつつ、ありがたく頂きました。
ジャム作りますー!
なんだか食べ物貰ってばっかり。
何処に行っても食べ物貰えるのねー、なにか私から出ているのかしら?

蕎麦も満喫して、ようやく帰路につきました。

うつくしま、ふくしま。まったくもってその通り。
自然と人間が豊かで美しいところだと思います。






日本経済入門

4/15号BRUTUS。

経済ってよくわからない。
って、私も思っていたし今も結構思ってる。
だけど「経済学者、評論家お断り」っていう所が読む気にさせるBRUTUS。

たけしのページ、まったくもってそうよねぇ。と頷く事ばかり。
いろんな経験をしてお金をもったたけしが言うから、なおオモシロイ。

先日テレビで吉野家300円!みたいなCMをやっていたけどそれで思い出した記事はコレ。
巻頭にあった矢沢永吉のことばです。ファンクラブの会報にこんな記事を載せていたそう。
以下抜粋。

「吉野家の牛丼は罪だ!」って冗談で言った事がある。280円で学生諸君を腹いっぱいにさせちゃイカン、といったわけ。なぜかというと280円でお腹がいっぱいになっちゃったら誰が働くんだよ、と。僕は吉野家を嫌いじゃないけど、せめて1000円ぐらい出さないと腹いっぱいにならないようにしたら、もっとがんばるよ、みんな。 −中略− 何でも安けりゃいいってもんじゃない。安けりゃ良いっていうのは、一歩間違えたら罪なんだよね、やっぱり。」

吉野家は私もキライじゃないです。年に数回食べる事もあります。
安くお腹いっぱいになるなら、そっちの方が良いって?
安くてラッキー?
ずっとファーストフードが安くて美味しいから食べてれば、そんなに働かなくても生きていける?

働く意欲がなくなるってどーゆうことなんだろう。
→生きてるからにはお金を稼がないと食べていけない。
→あまり稼ぎが良くないとしたら、いい食材を買うのは贅沢なことになる。
→だから吉野家が安ければ家計も大助かり!仕事もしないでなんとかなるかもー!
→でも・・・食費を節約して、欲しい洋服を買ったりお出かけしたりするの?
 遊びたいけど、働きたくないの?

削るのは食費なのかなー?

『どうして安いか』の理由を売る方は公開して、買う方は知っていかないと、と切に思います。
その上で安いのが良いと思えば買えばいい。
それも選択肢の一つ。

選んだのは自分。
安さの代償は自分で払うしかないんだ、って事へは意識が向いていない。
それで何があっても文句は言えない。

でも私は、廃棄処分寸前の肉を固めて色をつけたようなミートボールや脱色してきれいな色に染まるように漂白されたたらこは安くても食べたくない。
家族や友人、生徒さん達にもそんなものは勧められない。
安さの裏にはそーゆう事があるって知ってる。

でも、吉野家を食べる時もあって良いと思う。
自分がそう知っているのなら。
安くする事、知ろうとしない事、共に罪なのかもしれない。

そして働け!若者よ!と思う私。
失敗なんていっぱいすればいいし、どうにかなるんだから。
そんな事よりお金がないからって、ファーストフードの添加物を知らない間に食べ過ぎて、病気になって、病院代が大変!もっとお金がない!みたいな結末は本当にお粗末。
そんな事にならないように働いて、ちゃんとしたもの食べればいい。
それと仕事が忙しくていつもちゃんとしたものが食べられない〜!と言っている方々。
何の為に仕事をしているのか、ですよね。
生きるために仕事をしているのではなくて、仕事をするために生きているっていう風になってしまっていないかなぁ。
よく聞くセリフだけに、その忙しさがよーくわかるだけに、尚更ちゃんとしたものを食べて欲しい。

って書いてるからには、私も自分に言いきかせているのです。
大事だと思う事を、地道に続けていくしかないのです。
便利なものが溢れる中で、ソコに流されちゃいけないんだなぁ、私。

食べ物が自分の体をつくっているってこと、忘れないようにねー!

・・・経済?




感動!美味しんぼ!

先日chezが「これ読んで〜!すごいから〜!」と言って手渡してくれたマンガ。
そうです、「美味しんぼ」。
また買ったのか、まだ出てるんだー好きねぇ〜、ぐらいに思っていたのだけど
いやいや、今回はすごい!!!!

食の安全についてすごくわかりやすく書いてあって、中国野菜の事、食品添加物の事、日本の食品の仕組み、消費者の意識、日本の農業、そして家族の在り方、人の心についてまで本当にすばらしい事が沢山書いてあります。
そしてまたそれが、マンガっていう所がすばらしいです。
こんなにも沢山の情報を別々に文章で書かれても、ちっとも意味がわからないし、読みたいとなんて思わない。
ましてや食に興味が無い人の目に留まる訳も無い事。
この事を多くの人が知る事にすごく意味があると思うのです。

作り手の問題も多分にあると思います。
偽装して安いものを高く売るなんて、あってはならない事。絶対にナイ!
でもどうして偽装しなくちゃいけないんだろう。考えた事ありますか?
安い材料と食品添加物を沢山使って美味しそうに作る食品、安く出来れば安く沢山売れて、売り手としては商売繁盛で万歳。
これだけ書くと、こんなもの作る業者は本当に悪い!と言う感じですよね。

でも・・・なにかおかしいですよね。

一番おかしいのは消費者。私もそうだと思う。
なにがおかしいのかな?
被害をこうむって体を病むのは消費者なのに、消費者がおかしいってどういう事?

思いやりをもった人になりなさい。って言うけど、
思いやりってどうやったら育まれるんだろう?
食べるものと思いやり、何の関係があるのでしょうね?

美味しんぼ vol.101
多くの人が読んだら、日本ももっと良い国になると思います。
ちゃんと読んで理解して、自分の事としてしっかり受け入れてみてください。




気になって

どうしても、気になって気になって。
それは血糖値。
そもそも血糖値って何よ。血液中の糖分の事であってるのよね。
血糖値が下がると、フラフラするよね。
お腹すいたからか?チョコレート食べると治ったりもする。
そして固形物を食べたときと液体で糖分を体内に入れたときって
どんな違いがあるんだろう。

調べろよ、って話です。
でも調べる前に、自分の体やまわりの人の食パターンをよく見て観察して
それはどーいう事なのかを知りたい。
あー、だからそうなんだー。って納得したい。

もうこんなことばっかり考えているココ最近。
頭から離れないんだもん。
もうちょっとしたら、答え合わせしよう。


引っ越しますー



effa food studioを今年の特別講座をもって終了して、あきる野に引っ越しますー!
これからはSalon de Pinkのbaco classとしてやっていくので、皆さんよろしくお願いいたします。

って急ですが。

いろいろモノを捨てていた今年後半。
それで考えるところ、わかった事がいろいろありました。

もしかして世田谷の教室が手放すものだったのか、と。我ながら衝撃。
なのでやってみる事にします。

近いよ、あきる野。
世田谷の生徒さん達はあきる野まで来て下さい。きっと世田谷以上のなにかを感じて帰れるはず。
初めていらっしゃる方、お会いする方は、そんな私と話をしてごはん食べましょう。
皆さんに料理の方法だけではなく、「自分らしさ」を自分自身で感じて頂けたらと思います。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
やっぱり思ったようにどうしてもやってみたいし、そうしかできないもので。
いろいろ急に決めてごめんねー!
でも私は、来年からがすごく楽しみです。




プッチン!!!

久々にプッチンプリンHPを製作している方から、こんな事やりました〜!
とご連絡いただきました。

でかっ!!
でもプッチン、するんですねぇ。(笑)

このブログをチェックー
ぼくらプッチン研究隊

どんどんエスカレート(失礼!)していく様は笑えます。
みてみて〜

笑い泣き

最近読んだ本。

「夢をかなえるゾウ」 水野敬也 

これねー、もう最高にオモシロイ!
声をあげて笑いそうになるのを、「サムっ」と自分に突っ込み入れつつ、
途中からどうでもよくなり、笑いながら読みました。
で、最後には泣きながら・・・ちょっと私って!と思いながらも感情ダダもれ。
泣きながら寝る→顔腫れる、みたいな感じでした。

この本は本当に愛にあふれているの。
生きていくのが楽しくて素敵になる本だと思いました。
勇気がでますよー

どんな立場の人が読んでも、その人なりにヒットするものが潜んでいると思います。
私の所にもゾウが来てるみたいです。

 

よかったー

「イキガミ」ってマンガ。
貸してもらって読んだのですが、はー!いいマンガ。
1000人に1人が若くして無差別に命を絶たれる、その最後の1日。
なーんかね、涙がでちゃいます。
悲しくて辛い話だから、ではなく今の自分と照らし合わせたり。
もちろん話し自体はすばらしく、すばらしいのです!

眠っていたような、霧の中にいたような。
もう起きて!
今しかないのだよ!
と誰かが起こしてくれるような気がしていたけど、自分がそれに気がつかなければ、
たとえ起こしにきてくれても気がつかないんだろうね。
辛くても自分でエイッと起きるしかないのねー

というわけで、いいかげんeffa food の方のHPを作りなおしています。
うーーーん…

最近少し涼しくなってきたから、縫い物もちょっとづつはじめてます。
毛糸のカバーをつけたクッション作ったり、ブランケットにステッチ入れたり。
私の場合、頭を動かすには手も動かして考えてるようです。
忙しい時や考えをまとめたい時には何か作る。

「人生に迷ったら布にさわる」
これはrere先生のお言葉!

昨日は蚊の大群と格闘しながら、畑をちょっと耕し、
ハーブの種を4種類植えました。
蚊って!
都会生活だけではありえないぐらい、現在足ボコボコです。


| 1/2PAGES | >>

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode